バタバタだったアメリカ入国!

こんにちは、CHIAKIです!

2020年のトリニダードのカーニバルから帰国して即、日本は緊急事態宣言になり、

3月は何も出来ない悶々とした日々を過ごしていました。

そして考えに考え抜いた上、旦那さんと一緒に過ごすためにアメリカに行くことを決意!

行くぞ!と決めたその日に航空券を予約し、翌日には飛行機に乗っていました(笑)

そんな流れで4月~7月までアメリカで旦那さんとのんびり過ごし、先日帰国致しました!

「こんな時期にアメリカにどうやって入国したの?」

という質問があったので、ブログに書いてみたいと思います☆

まず、飛行機とんだはいいもの、アメリカ入国拒否!

なんて事態にならないために、日本に出る前に入念に情報を調べました!

「飛行機はもうすぐで飛ばなくなる」

「日本人は問答無用で入国拒否される」

等、色んな情報が飛び交い、入国管理局のおじさんにも「そんなの行けないに決まってるだろ」位の事を言われ、突き放されて放心状態。

しかし、法務省に問い合わせをしたところ「アメリカは日本人を入国拒否にしていない為、入国は可能です」という、確かな情報をゲット!

法務省のお兄さまは、私が話した入国管理局のおじさんの100倍以上納得のいく、とってもスマートで分かりやすい説明をしてくださいました。(毒を込めてLOL)

旦那さんも入国の際に必要な情報を確認してくれて、必要な物をしっかり準備していきました!

早速羽田について、搭乗手続きをしていましたが、

今まで沢山旅行をしてきて、こんなに静かな羽田空港を見たのは初めてでした。

旅行者は大きい空港内におそらく10人以下。

アメリカ行きの飛行機もおそらく、5人くらいだったのではないでしょうか(笑)

私が出発した4月はアメリカ(特にNY)のコロナ感染者数、死亡者数は記録的な数に達していました。

それぞれどんな事情があって、こんな時期にアメリカに行くんだろう。。。。

と思いながら飛行機で爆睡。

そして、あっという間に乗り換えのデトロイトに到着!

いよいよどきどきの。。。入国審査!

旦那さんの言われた通り、旦那さんの手紙と勤務先情報を提示。

色々聞かれましたが、とにかく要約すると、

「とにかくお前何しに来たんだ、こんな時期に」

という質問でした。

そりゃそうだ(笑)

私も色々説明しましたが、

「コロナで旦那さんに会えないのでこっちに来ました!とにかくどこにも行かずずっと家にいるし、三か月したら帰ります!」

と力説。

こんなに入国審査で止められたは、パスポートにジャマイカのスタンプが沢山押されていた20代以来の出来事でした(笑)

※ギャングの逮捕劇等もあり、ジャマイカのスタンプがパスポートに沢山押されていると、やたらと怪しまれる時期がありました。レゲエダンサーで経験した事あるの私だけではないはず(笑)

そして、無事にアメリカ入国!

アメリカ入国して早速驚いた出来事に出くわします。

それは何かというと、

「外国人入国者、ほぼ放置プレイ」

日本であれば、必ずコロナの検査をしてから、自粛要請がかかるのに、

飛行機降りた時点からもう、私ノーマーク。

このままだったらウーバーも呼べるし、タクシーも乗れちゃうよ?

私が感染してたらどうするのー!

あの隣の人が感染してたらどうするのー!

と思いました(笑)

そりゃあアメリカで爆発的に増えるわけだな。。。と納得。

マスクしていない空港職員も結構いてビックリしました。

(今は増えたけど)

そんなこんなで、何とか色んな事を経て経て経て、

旦那さんに会えましたとさ♡

☆続く☆

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017 Chiakiiida.com

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon